耐火被覆材

セラタイカ2号外部仕様

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆責任施工

建物の多様化、大型化と共に防災意識の高まりから、外部の鉄骨に対しても耐火被覆を必要とするケースが多くなっています。
エスケー化研では、セラミック系耐火被覆材と耐久性の高い防水化粧材「レナエクセレント」を組み合わせた外部仕様の工法を開発しました。高層建築物の屋上部位など、これまで施工が困難であった外部の耐火被覆を可能にしました。従来のロックウール施工後に金属パネルを張り合わせる工法と比較して、短工期、コストの低減に役立ちます。

セラタイカ2号外部仕様の施工実績はこちら

特長

優れた耐久性

耐火被覆材の表面には架橋型アクリルゴムエマルションを結合材とする防水化粧材を採用しているため、雨水の侵入を防ぐ優れた防水性を示し、長期にわたり鉄骨と耐火被覆材を保護します。

化粧性

表面を任意の色に着色できるため、美観が要求される部位に最適です。

工期短縮

湿式の左官工法を取るため、複雑な取り合い部も容易に施工できます。また、従来の耐火被覆材に比べ、薄い厚みで仕上げることができるため、工期の短縮にも役立ちます。更に従来工法と比較してコストの低減につながります。

ページのトップへ