硬質ウレタンフォーム

SKノンフロンシリーズ

責任施工

民間、公共あらゆる現場の断熱、結露防止に!
環境性能を高めた現場発泡硬質ウレタンフォーム「SKノンフロンシリーズ」

これまでの吹付け硬質ウレタンフォームにはフロンガス(HFC)を使用したタイプとノンフロン(炭酸ガス)のタイプが併用されてきましたが、それぞれ環境性能、断熱性能において課題がありました。

新たに規格化された硬質ウレタンフォーム(JIS A9526 A種1H)は、環境性能、断熱性能に優れた新規発泡剤HFOガスを使用することにより、従来品の課題を克服する理想的な性能を有しています。省エネ、地球温暖化防止などの社会問題に対応する断熱材の切り札として、新世代硬質ウレタンフォーム「SKノンフロンネクスト」が誕生しました。

特長

環境性能

SKノンフロンエコ(CO2)、SKノンフロンネクスト(HFO)は、GWP(気球温暖化係数)「1」、ODP(オゾン層破壊係数)「0」の地球環境に優しい断熱材です。また、シックハウス法におけるホルムアルデヒド放散材料の告示対象外となっており、使用面積の制限を受けません。

断熱性

SKノンフロンネクストの熱伝導率は 0.026W/(m・K) 以下で、従来のフロンタイプと同等の性能です。またSKノンフロンエコ (0.034W/(m・K)) に比べ断熱性に優れており、約3/4の設計厚みで同等性能を発揮します。


※1:熱抵抗値0.96m2・K/W の場合
※2:吹付ロックウール(半乾式)は先端混合の為、密度が不均一になりやすく断熱性能が不安定です。
   詳しくは各メーカーへお問い合わせください。

難燃性

コーンカロリーメーターを用いた発熱性試験により、難燃材料相当の性能を有することが確認されています。

各種ウレタンフォームの比較

硬質ウレタンフォームの選定は、環境性能と断熱性を兼ね備えた、HFO品(SKノンフロンネクスト)がおすすめです。


※1:コーンカロリーメーターを用いた発熱性試験において難燃材料の性能を確認した結果によるものです。
※2:JISに基づき、当社にて実施した試験結果によるもので、JIS認証を取得していません。

●オゾン層破壊係数(ODP)とは
大気中に放出された単位質量の物質がオゾン層に与える破壊効果を、CFC-11(トリクロロフルオロメタン、CCI3F)を1.0とした場合の相対値を表す係数です。

●地球温暖化係数(GWP)と
二酸化炭素を基準にして、ほかの温室効果ガスがどれだけ温暖化する能力があるか表した数字のことです。すなわち、単位質量(例えば1kg)の温室効果ガスが大気中に放出されたときに、一定時間内(例えば100 年)に地球に与える放射エネルギーの積算値(すなわち温暖化への影響)を、二酸化炭素に対する比率として見積もったものです。

ダウンロード

SKノンフロンシリーズ(PDF)

ページのトップへ