耐火塗料

SKタイカコート

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆責任施工

わずか数ミリで優れた耐火性能を発揮

発泡性耐火塗料「SKタイカコート」は、わずか数ミリで優れた耐火性能を発揮する耐火塗料です。火災の熱により20〜30倍に発泡して断熱層を形成し、鉄構造物の崩壊を防ぎます。数十ミリの厚みを必要とする従来の耐火被覆材と比べてわずか数ミリという性能は、鉄骨の美観を損なわない納まりを可能にしました。

SKタイカコートの施工実績はこちら

特長

非常に薄い被覆厚

従来の耐火被覆材では不可能であった鉄骨のデザインを活かす仕上げが可能です。

優れた意匠性

上塗り塗料で、自由な色彩に仕上げることができます。

粉塵がでない

ロックウールなど、従来の耐火被覆材と異なり、粉塵の発生がありませんので粉塵を嫌う建築物に最適です。

優れた付着性

鉄骨と良好な付着性を示し、剥離、脱落の心配がありません。

工場施工が可能

現場施工だけでなくプレコート工法が可能であり、工期の短縮に役立ちます。

外部仕様可能

屋内だけではなく、上塗材・下塗材の選択により屋外への適用が可能です。

ノンアスベスト

発がん性物質であるアスベストを含まない安全設計です。

加熱発泡機構

加熱発砲機構

SKタイカコートの外観は、通常時は一般塗装仕上げと同様です。火災時に熱を受けると、250℃前後で発泡を開始し、20〜30倍に発泡して断熱層を形成し、鉄骨の温度上昇を抑えます。

用途

大空間建築物・アトリウム・ショールーム・競技場・展示場・倉庫・工場等

採用条件

  • 2時間耐火、1時間耐火、30分耐火の要求部位に適用できます。
  • 鉄骨部材のサイズ、厚みなどにより被覆厚みが異なります。
  • SKタイカコートは屋内外で使用できます。但し、屋外で使用する場合、性能を維持するための管理を徹底することが必要です。詳しくは「SKタイカコート維持管理要領書」をご参照下さい。

維持管理

SKタイカコート主材EX、INの耐火性能は、上塗材により保護されることで、その性能が維持されます。しかし、上塗材は、屋内外ともに長期間経過した場合、一般塗料と同様な白亜化が生じ、施工部位周辺の環境によっては、割れ等の予測不可能な塗膜劣化を生じることがあります。このような理由から、SKタイカコート主材EX、INの耐火性能を長期に亘って維持するため、施工後は、建物所有者様の定期的な自主検査を計画して頂き、上塗材の塗膜劣化を早期に発見、ならびに適切な補修又は塗り増し等の対策を実施して下さい。

ダウンロード

SKタイカコート(PDF)

ページのトップへ