SKタイカシート

  • F☆☆☆☆
  • メーカー施工
耐火被覆材はシートの時代へSKタイカシート 世界初発泡性耐火被覆材

これまでの耐火被覆材の常識を覆す、シート材を世界で初めて開発。

湿式から乾式へ。時代は変わります。

SKタイカシートは、下地の鉄骨の意匠を活かす次世代の耐火被覆材です。
シートタイプで1時間、2時間の耐火認定を取得しました。
梁は1.5mmまたは3mm、柱は1.7mmまたは3mmと薄く、耐火塗料との複合認定も取得しています。
SKタイカシートは、膜厚管理も不要となるスマートマテリアルといえます。

製品採用事例

  • 浄光寺幼稚園
  • 阿南新庁舎
  • 高砂市立図書館
  • 認定こども園 愛泉こども園
  • 旭川空港ビル
  • 北九州市小倉南図書館
  • 北アルプス医療センターあづみ病院本館(新病棟)
  • 東洋大学赤羽キャンパス新校舎
  • 大村進・美枝子記念聖路加臨床学術センター
  • 三木山総合公園 総合体育館
  • 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
  • 札幌競馬場スタンド
  • 愛知トヨタ高辻ショウルーム
  • ニフレル
  • SKYE NISEKO
  • スカイストリート(JRセントラルタワーズ/15F)
  • イオンモール松本
  • THKビルディング
  • JR立川駅
  • DISC(デサントイノヴェーションスタジオコンプレックス)

SKタイカシートが叶える3つのメリット

スペースの有効性を求められる建物、意匠性の高い建物、短期間工事を求められるリニューアルなど、幅広い需要に対応して市場拡大しております。

1工期短縮 2薄膜 3意匠性

認定番号

SKタイカシート

耐火時間 部位 認定番号 主材膜厚(mm) 適用鋼材
断面形状 鋼材サイズ(mm)
1時間 小部材柱 FP060CN-0584※1 3.0
〔1.5mm厚シート2重貼り〕
100×100×4.5〜300×300×9※2※4
φ128×4.5〜φ382×9※2※4
FP060CN-0598 1.7 300×300×9〜1000×1000×40※2※4
φ382×9〜φ1016×40※2※4
FP060CN-0009※5 3.0 300×300×9以上
φ318.5×9以上
FP060BM-0115 1.5 H 400×200×8×13以上
2時間 FP120CN-0512 3.0
〔1.5mm厚シート2重貼り〕
300×300×19〜
1000×1000×40
φ300×23.6以上、φ317.7×22以上、※3
φ325.4×21.4以上、φ361.4×19以上
FP120BM-0336 3.0
〔1.5mm厚シート2重貼り〕
H 400×200×12×22以上

※左右にスクロールできます

※1:一部、鋼材サイズにより認定番号が異なります。認定番号FP060CN-0584-1:詳細についてはパンフレットのP25、P29の上段を確認してください。

※2:幅厚比の制限があります。詳細は、認定書で確認してください。

※3:角鋼管の断面積以上かつ、外径以上、厚み以上が条件となります。

※4:丸鋼管については、パンフレットのP23〜P26、角鋼管についてはパンフレットのP27〜P30の早見表で確認してください。

※5:上塗材まで含めた工程の認定になります。

注)認定仕様の詳細については、別途お問い合わせください。

SKタイカコート・SKタイカシート複合

耐火時間 部位 認定番号 主材膜厚(mm) 適用鋼材
断面形状 鋼材サイズ(mm)
1時間 FP060BM-0152 1.5(SKタイカシート:フランジ)1.0(SKタイカコート:ウェブ) H 400×200×8×13以上

※左右にスクロールできます

1時間耐火では梁の下フランジにシート、ウェブ及び上フランジに耐火塗料を施す工法も可能となり、梁への施工が容易になります。認定仕様の詳細については、別途お問い合わせください。

SKタイカシートが叶える3つのメリット!

メリット1 工期を大幅に短縮

1時間耐火の場合、SKタイカシートを、1~2枚貼るだけで仕上げられます。
2時間耐火の場合、SKタイカシートを、2枚貼るだけで仕上げられます。
耐火塗料と比較して、実に工期を1/4に短縮、3日程度で仕上げられます。
鋼管柱を仕上げる場合、1,2時間とも既存仕上用耐火被覆と比較して工期を短縮出来ます。

各種耐火被覆材を用いた鋼管意匠工法の工程比較 屋内

※左右にスクロールできます

SKタイカシートは、
1時間耐火、2時間耐火どちらも、
たった3日で施工完了

※左右にスクロールできます

メリット2 耐火被覆材として最も薄い厚みを実現

SKタイカシートは、屋内・準屋外どちらも、鋼管柱の外径とほとんど変わらない仕上げが可能となり、他の耐火被覆材に比べて薄膜に仕上げることが出来ます。床面積、並びに室内の有効スペースが広がります。

鋼管柱 318.5mm/1時間耐火比較

※左右にスクロールできます

メリット3 美しい表面仕上げにより、意匠性UP

耐火塗料では困難であった平滑仕上げが可能になる他、仕上材の選定で意匠性が向上します。

SKタイカシートは安定した耐火性能を示します

試験1 柱1時間・載荷加熱試験結果

((一財)日本建築総合試験所)

試験2 加熱発泡機構

SKタイカシートの外観は、通常時は一般塗装仕上げと同様ですが、火災時に熱を受けると250℃前後で発泡を開始し、炭化層を形成します。その炭化層が断熱層となり、鉄骨の温度上昇を抑えます。

試験3 耐久性能

SKタイカシートは促進試験(凍結融解試験)を実施しております。凍結融解試験後も、初期と同等の性能を維持しており、耐久性があるといえます。

柱 屋内/準屋外 標準施工手順

鋼管柱は、SKタイカシートをボンドで貼り付けるだけで、耐火被覆が実現できます。
1時間耐火は鋼管サイズ毎に3mm・1.7mm厚シートの1枚貼り、及び1.5mm厚シートの2枚貼り仕様、2時間耐火は1.5mm厚シートの2枚貼り仕様で性能が確保されます。

カタログPDF

耐火被覆・断熱材総合設計価格表
ページの先頭に戻る